2006年01月18日

東証が全銘柄の取引を終日停止!

まさにライブドア・ショックとしか言いようのない異常事態が発生。東京証券取引所東証)は今日18日の午後2時半、システム処理可能件数を超える恐れがあるとして、全銘柄の売買を終日全面停止した。東証開設以来初の処置というまさに異例の措置だった。


ま〜とにかく銘柄問わず売られること売られること。今日上げることができた銘柄は全銘柄中60程度とか。ストップ安の山で、まさに屍累々の「死の山」状態。

東証の処理件数の限界は400万件程度だそうだが、前場終了時の件数が232万件。午後2時25分で注文件数が700万件、約定件数が400万件に達し、取引停止に踏み切ったらしい。

ま〜信用取り引きをしていた人などは大変なのだろうが、自分はIPOで取った日本オフィス・システムの現物しか持っていないから、こういう時は慌てないのが吉かと。嵐が立ち去るのをじっと待つことに徹したいと思う。
 
※当ブログ(「IPO新規公開株日記」 - ipo.livedoor.biz)に掲載している情報は、投資の勧誘などを目的とするものではありません。投資判断はあくまでも自己責任でお願いします。また、内容についての記述や、データなどの正確性、信頼性、安全性などから起因する直接的、間接的を問わず一切の責任、損害賠償に応じません。