2006年03月13日

松井証券がIPO落選お詫び料サービスを終了

IPO新規公開株の抽選に落選したお客さまには落選お詫び料をお支払いします」というユニークなサービスを展開していた松井証券が、同サービスを3月いっぱいで終了することを明らかにした。


松井証券のお知らせはこちら。

IPO落選お詫び料サービスの終了について

落選お詫び料はIPO新規公開株抽選に落選した際、申込者に50円(一定条件を満たさない顧客は20円)を後日振り込む、という面白いサービスだった。

金額的には全然大したことはなくw、自分は毎回20円しかもらえない方だったので、ありがたいとか、ハズレたけどお詫び料もらったからまあいいか、と慰められたこともないのだがw、こういう「その証券会社ならでは」のユニークさがなくなるのはちょっと寂しい気がする。

松井証券側は手数料値下げでいっそうのサービス向上を目指す、というだけでサービス廃止の理由は明記していない。だが、おそらく毎回のIPO申し込みはきっと万単位だろうから、一人50円でも数十万から100何十万ぐらいの支払いにはなっていたはず。

そう考えると廃止もやむなしか、と思わないでもないが、う〜ん、やっぱり何か寂しいねぇ。落選者への配慮を目に見える形にしていた、というところに好感を持っていたのだが。

ンま〜、それだけIPOが一般化した、ってことなんだろうけど。
この記事へのコメント
去年の暮れから参加組の私ですが
それでも1000円近く頂けました。

せこい話ですがこれ目当ての感もありましたので
すご〜〜く残念です。

Posted by ろんちゃん at 2006年03月14日 09:15
あそっかー、改めて計算するとそれなりにはなるんですねぇ。オレはいくらゲットしたんだろう?w

> せこい話ですがこれ目当ての感もありましたので
> すご〜〜く残念です。

そっか、やっぱりそういう人もいますよね。
確かに残念です。
Posted by h-h-m at 2006年03月14日 10:28
 
※当ブログ(「IPO新規公開株日記」 - ipo.livedoor.biz)に掲載している情報は、投資の勧誘などを目的とするものではありません。投資判断はあくまでも自己責任でお願いします。また、内容についての記述や、データなどの正確性、信頼性、安全性などから起因する直接的、間接的を問わず一切の責任、損害賠償に応じません。