2006年09月29日

カブドットコム証券のIPO引受数が一挙に拡大!

先ほどIPOゲッターにとってはなかなかビッグなニュースがカブドットコム証券から届いた。カブドットコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員で、グループ内には言うまでもなく大手の三菱UFJ証券がいる。でもってこれまで三菱UFJ証券の取り扱うIPO新規公開株の一部を委託してカブドットコムも扱ってきたわけだが、今後は三菱UFJが扱うすべてのIPOカブドットコムも扱う、というのだ。


カブドットコム証券のお知らせはこちらで、ポイントはここ。

三菱UFJ証券がカブドットコム証券に販売委託する株式等の引受業務の対象を、「三菱UFJ証券が主幹事を務める引受株式等に限定」から、「原則、三菱UFJ証券が引き受ける全ての引受株式等」に拡大する。


で、カブドットコムからのメールにはさらにわかりやすくこう書いてある。

今後は、原則「三菱UFJ証券が引き受ける全ての新規公開株・公募・売出し銘柄」が、当社で販売可能となります。


なので三菱UFJが取り扱うIPOはすべてカブドットコムからも申し込みができる、ということなんだろう、きっと。

おそらくこれで三菱UFJの取扱が多少減るのだろう。三菱と相性のいい自分としてはちょっと複雑な心境ではありw、またカブドットコムにどれくらい割り当てられるのかは全くの未知数、まあおそらくそれほど大量に行くこともないのだろうが、何より申込先が増えれば当選確立的にはきっとプラスになると思われるので、これはやはり「吉」ではないかと。

最大手の野村がネット専用のジョインベストを始めて同じような大勢になってはいるが、ジョインベストも野村の扱うすべてのIPOを引き受けてるわけではないので、今回の三菱UFJーカブドットコムはその先を行った、という感じもしないではない。

ってなわけでまだカブドットコム証券に口座を開いてない人は急いで開設した方がよさげw 年末は毎年IPOの数も多くなるから、今のウチに備えるべし! この記事内の「カブドットコム」をクリックすれば即開設できるぞ。さあキミも今すぐ!w
 
※当ブログ(「IPO新規公開株日記」 - ipo.livedoor.biz)に掲載している情報は、投資の勧誘などを目的とするものではありません。投資判断はあくまでも自己責任でお願いします。また、内容についての記述や、データなどの正確性、信頼性、安全性などから起因する直接的、間接的を問わず一切の責任、損害賠償に応じません。