IPO・新規公開株:初値
eBASEの初値決定と今年の総括

2006年最後のIPO新規公開株報告は、上場三日目にしてようやく初値が付いたeBASEで締めくくられることになった。

今年のIPOは、前半はところどころに公募と初値が同額、という銘柄があったものの、「まだ割れてはいない」と比較的落ち着いて眺めていられたが、9月の大物ミクシィを消化した後の10月、11月は公募割れが続き、「もうIPOはダメなんじゃ。。。?」とか「当選した方が怖い!」といった"異常事態"に陥っていた。

が、12月に入ってリミックス・ポイントや燦キャピタルマネージメントなど、"爆上げ"と呼ぶにふさわしいIPOも出て来て、ようやく復活の兆しを見たようだ。

12月の銘柄でも初値同額や公募割れもあるのだが、上がる銘柄はしっかり予想以上に上がっており、しかも今年最後の初値決定となったeBASEがまた年を締めくくるにふさわしい爆上げ展開を見せてくれた。

ってなわけでお見事と言う他ないeBASE初値と、この一年の自分のIPO成績をサッと振り返って、今年最後のブログ更新にしようと思う。

。。。な、なんか久々に書くと文章カテェな(照w  続きを読む

※当ブログ(「IPO新規公開株日記」 - ipo.livedoor.biz)に掲載している情報は、投資の勧誘などを目的とするものではありません。投資判断はあくまでも自己責任でお願いします。また、内容についての記述や、データなどの正確性、信頼性、安全性などから起因する直接的、間接的を問わず一切の責任、損害賠償に応じません。